中小企業診断士とは何か

中小企業診断士とは何か

中小企業診断士とは、中小企業と言われる会社の経営を視察して客観的に判断、または企業経営に関する相談を受けたり助言をしたりという業務を行うができる人のことを言います。

この職業は国家試験を受験し合格しなければいけません。

また、試験は第1次試験、第2次試験と分かれており、第1次試験は2日間の日程で行われます。

中小企業診断士という名称は、法律上、名称独占資格(資格がなければ名乗ることができない名称)ではありませんが、他の名称独占資格(司法書士や行政書士など)のような扱いを受けることが多いようです。

コンサルタントとしての活動もしていますが、民間企業の経営コンサルタント業務ばかりでなく商工会議所など官公署関係のコンサルティング業務も取り扱うことができます。

中小企業診断士の位置づけは、中小企業支援機関や商工会議所が実施している中小企業の経営を支援する活動に関する業務を商工会議所などから委託されて担当しコンサルティング業務を行う専門家、というものです。

中小企業診断士の主な業務

中小企業診断士の業務として一番大切なのは、中小企業支援機構という官公署から業務を委託され、民間の中小企業の公的な経営コンサルタントとして派遣されコンサルティング業務を行うことです。

官公署から依頼された民間中小企業に経営の専門家として派遣されたり、支援機関のプロジェクトマネージャーとして応募したりと活動できます。

また、産業廃棄物処理業の経営を診断し、診断書を作成するのも中小企業診断士が行います。

しかし、このような業務も国家資格試験を合格しなければ士業の名称を名乗ることは原則できませんので確実に資格を獲得しましょう。

中小企業診断士の資格を得るには

基本的には、民間中小企業の経営支援を担う専門家であり経営コンサルタントでもある、という二面性を持っています。

経営コンサルタントはだいたい民間のコンサルティング会社に依頼することが多いようですが、公的な資格を持っているほうが経営コンサルタントとして信用が高いため、中小企業診断士にコンサルティングの依頼をする企業もあるそうです。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。